有限会社めぐみについて

About Shibechacho 標茶町について

標茶町は北海道の東部に位置する

総面積1099.37平方キロメートル
の広大なまちです。

そんな広大な土地と恵まれた気候により
酪農を基幹産業としたまちでもあります。
人口よりも牛が多い!酪農のまちです。

標茶という名前の由来はアイヌ語で“大きな川のほとり”を意味する「シペッチャ」からきています。
その語源の通り、町の中心にある母なる川“釧路川”をはじめとする別寒辺牛川、
西別川の三大河川とともに成長・開拓をしてきました。

また雄大な自然を楽しめることが出来る観光スポットがたくさんあり、
水鳥の楽園と呼ばれる白鳥などが訪れるシラルトロ湖や、
夏にはカヌー冬にはワカサギ釣りをすることが出来る塘路湖などがあります。

その他にも野生動物や満天の星空など澄んだ空気と広大な大地だからこそ見られる景色が標茶町にはあります。

Concept コンセプト

美味しい牛乳を継続して提供する
ため、持続可能な酪農を目指す。

当牧場は4戸の酪農家により
2003年にスタートした共同法人です。
それぞれの牧場施設が老朽化しそれぞれが
新しい施設を作らなければいけない時に、
助け合いながらやっていた近隣牧場で
だったら一緒にまとまろうよ
という経緯から構成されました。

当牧場は4戸の酪農家により2003年にスタートした共同法人です。
それぞれの牧場施設が老朽化しそれぞれが新しい施設を作らなければいけない時に、
助け合いながらやっていた近隣牧場でだったら一緒にまとまろうよという経緯から構成されました。

様々な工夫をしながら持続可能な酪農を目指しています。
まずは最新設備や機械の導入により作業の効率化を進め、労働時間や作業負担を削減することを実現しました。
スタッフのストレス軽減が、接する牛たちへのストレス軽減にもつながり、 美味しい牛乳の提供にもつながると考えています。

Contact 企業情報

会社概要
企業名 有限会社めぐみ
住所 北海道標茶町字阿歴内原野北3線180-1
電話番号 015-487-7070
代表取締役 大和田 仁
従業員 12名(男性6名、女性パート2名、ベトナム人女性実習生4名)
設立 2003年
飼養頭数 750頭(搾乳牛:410頭、育成牛:340頭)
経営面積 300ha
牛舎 6舎6棟
施設 フリーストール牛舎、ヘリンボーンパーラー